30代半ば。北国の恵みをはじめる。

今30代前半なのですが、最近膝を曲げてしゃがんだ時に両膝のお皿の上あたりが、なんとなく痛むようになってしまいました。お年寄りがヒザが痛いと言っているのはよく聞きますが、まだそんな歳じゃないし、ヒザに負担がかかるほど太ってもいないし、なんで?!って思っていました。

そんなことを何気なく夫に話したところ、太ももに筋肉がない人はヒザが痛みやすいと言われました。義理の母が以前、病院でそう言われたことがあるそうです。確かに、私は太ってはいないけど、筋肉もまるでないヒョロヒョロ体系です。

 

というわけで、程よく筋肉をつけるべく最近スクワットをはじめました。あまり急に激しくやると逆に痛めそうなので、できるだけスローなスクワットを朝晩5回ずつやっています。まだはじめたばかりですが、これでヒザ痛が改善したらいいな。

それと、膝の関節軟骨成分が入ってる北国の恵みも飲んでいます。膝が痛くなるのはこの関節軟骨がすり減るからなんだそうですが、すり減ったものをは補う、という発想で。

もちろん、すぐに治るとは思っていませんが、今後のことを考えても北国の恵みを飲んでいるっていう感じですかね。

毎月の出費としては多少痛いのですが、膝の痛みが少しでも良くなってくれるのであれば安いものかと。

北国の恵みでばね指が治った?

北国の恵みを使った事がある人の中には、関節痛ではなくて、ばね指対策で使っている人もいるのを知っていますか?

ばね指はゴルフをやり過ぎた人とかがなりやすい関節の痛みを伴うもので、指を曲げるのが痛くて、しかもなかなか指の関節が曲がらない。でも曲げる必要がある時に力を入れて曲げるとビヨンッとなってバネようになるからばね指と言われています。

これは指の関節を酷使し過ぎてしまい、それでなってしまうものですが、関節の軟骨にも衝撃が加わっていることから、関節の軟骨もすり減りも、その一因と考えられています。

そこで、北国の恵みで関節軟骨の成分を取り入れればいいのではないか?という発想で飲んでいる人がいるんですね。

ショッピングモールの口コミサイトでもよく見かけますが、ばね指対策で使用している人のコメントを見ると、やっぱり効果があるみたいですね。さすがに1週間とかでは治りませんが、2ヶ月ぐらいしたら症状が改善されて、指を曲げるのも痛くなくなってきている、というコメントが結構あります。

もし、ばね指が治らなくて困っている人がいれば一度北国の恵みを検討してみるのも良いと思いますよ。